<< 夜の彎曲線 | main | 甘い言葉 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.02 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


時計の動き

 不意に君のつまらない横顔 思い出してしまう

 ごめんよ 今日が終わるから

 見覚えの無い手を握り返している 僕は

 白い表情をしてにわかに際立って針のように尖っていって踏み込む

 守るすべのない永遠が寒さや悲しみのように思えてくる 僕は


http://plaza.rakuten.co.jp/showshowshow/diary/201412170002/
 

スポンサーサイト

  • 2016.01.02 Saturday
  • -
  • 19:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック