<< 甘い言葉 | main | ディージ、ディーズィー・・・ >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.02 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


異界

 電気を消すと、カーテンが発光して、

 恥とも取れるかき捨てのシナリオ。

 最新機種と仲がいいらしいハミングバアアァド、

 なかよしこよしの、ブルウゥウバアァアド症候群、

 「やめろよ。」

 と、僕が言う。

 「もう、やめろよ――・・。」

 げらげら黄色く笑ってる、小便。

 銀河の光線は水晶のように澄んでいる夜の大気を掻き乱す。

 覚束ない身体中の細胞全部に憩いの想いがない、

 気持ちのフラスコの底で、ガラスに刺さる、
            のじし
 おいおいふざけんなよ、野猪の皮みたいになまぐさい、鰐革の艶、

 ぬかるみのような闇、あざやかな、復讐の果て。

 いつもどおりで済ますなら今のうちさ、ぬるぬる滑り落ちちゃえばいい、

 安寧という地獄、住めば都って言ったもんさ、悲しい性だね、飼い犬、

 行き場所もなく、へんにきらびやかな、境界線に、耐えられなく――なる・・

 彩どられた望楼、黒の喪布まとっている、黒い森、雲はすばやく変化する、

 ああ翼を望む、世界エレベーター。


 Cry for the moon...

 Someone to Watch Over Me......



http://plaza.rakuten.co.jp/showshowshow/diary/201412180001/​


 

スポンサーサイト

  • 2016.01.02 Saturday
  • -
  • 19:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック